コレが合う!コーヒーに入れると美味しいもの。おすすめは?

coffee-563797_1280

アドセンス

スポンサーリンク

1日3杯はコーヒーを飲む!そんな生活を送ってかれこれ10年程。

普通にコーヒーを飲むだけでは飽きたらず、様々な物を入れるという冒険もしてきました。

コーヒーに入れる物といえばミルクに砂糖に生クリーム?いやいや、他にもコーヒーに合うものがあるんです。

今回は、今まで試したコーヒーの中に入れたものの中でもおすすめを紹介したいと思います。興味をそそるものがあれば是非お試しあれ!

 

コーヒーに練乳

ベトナム式コーヒーというのをご存知でしょうか?

ベトナム式コーヒーとは、深煎りで苦味の効いたコーヒーを日本ではあり得ないぐらいの濃い濃度で入れて練乳をたっぷり入れてそれらを混ぜ合わせて飲むという独特なコーヒー文化。

練乳の量はコーヒーの3分の1ぐらいは入れたいところ。

苦味の効いたコーヒーと練乳の甘みが絶妙に混ざり合ってなんとも言えない奥深い味わいが口の中に広がります。

ベトナムコーヒーと検索をすると専用の器具にたどり着きますが、器具は必要ありません。普通にペーパーフィルターで濃い目に抽出すればOK。

 

コーヒーにバター

意外な組み合わせに感じるかもしれませんがこれもまた合う。コーヒーの懐は実に深い。

そういえば、最近バターコーヒーダイエットという言葉を聞くようになりました。でも、このダイエットで使うバターは特別なものを使うようなので今回紹介するのはダイエットとは別物。単純に美味しいからという理由で紹介します。

コーヒーにバターを入れると、ほんのりとしたバターの風味と甘みが口の中に広がる。そして濃厚なコクを感じられます。

いつも使っているのは冷えて固まった状態のバター。その状態でも問題なく10秒程混ぜればOK。

バターは油っこくしつこいイメージですが意外にもしつこさは感じません。

 

コーヒーに黒糖

近所のコーヒー屋に黒糖ラテという商品があったので、ラテではなくコーヒーに直接ぶち込んでみました。

すると、一緒ただ砂糖を入れたコーヒーのように感じますが、徐々に黒糖特有の風味が口の中に広がります。この風味が苦手という人も少なくないし、砂糖は入れない派という人には好まれない味かもしれませんが、後から追いかけてくる黒糖の風味が癖になります。

また、コーヒーに混ざった黒糖の香りも心地よくリラックスした気分になれます。

普段から、砂糖を入れるという人は一度黒糖を試してみては如何でしょうか?

 

コーヒーにハチミツ

コーヒーの大手チェーンで、コーヒーにハチミツを入れるのが流行っている(流行っているは語弊があるかも、増えてきている?)という情報を聞きつけさっそく試してみました。

結論は、コーヒーとハチミツだけでは合わない・・。コーヒーとハチミツの味がバラバラでマッチしていない。いや、私の主観ですので人によっては好きな味かもしれませんが。

どうしたものかと、ネットで調べてみると、スペインではコーヒーにハチミツとミルクを入れるカフェ・コンレーチェという飲み物が一般的との情報を得ました。

そこで早速、ミルクを足して飲んでみたのですが、不思議と口の中でバラバラだったコーヒーとハチミツをミルクが一体化させてくれます。これは旨い!

ちなみに使ったのはコーヒーミルク(ポーション)。牛乳を大量に入れてしまうと、それはもうラテの部類なのでハチミツラテという事になってしまう。それでは、そりゃ旨いわな、と突っ込みが入ってしまう。今回はあくまでもコーヒーの状態で合う物。

 

コーヒーにレモン

コーヒーにレモンを入れる飲み方はレモンコーヒーと呼ばれロシアの飲み方だそうです。

レモンを入れても劇的に味が変わるというわけではありません。もちろん、大量に入れれば変わると思いますが、どちらかというと風味付け。レモンの爽やかな香りが部屋の中に広がります。口の中に入れた瞬間も実に爽やか。

ロシアではミルクも入れるみたいだけどレモンとミルクを入れたら分離してしまった。入れ方にコツがあるのだろうか?

レモンの輪切りをのせるのもオシャレかもしれません。あと、おすすめは深煎りの苦いコーヒーより浅煎りの酸味の効いたコーヒーの方がレモンの風味が引き立つように感じます。

アイスコーヒーにレモンの輪切り。これもまたいいかも。夏に試してみます。

 

まとめ

いかがでしたか?

中には意外性があり興味をそそる物もあったのでは。

ちなみに、他にも色々なものを試しましたが、特に印象に残っている合わなかったNG食品は『塩』と『生姜』。

でも、エチオピアでは塩を入れる風習があるみたいだし、ネットで情報を見ていると生姜が合うといった情報もあります。その為、好みによってコーヒーに入れて合うものは大きく変わってくるのかもしれません。

様々な物を試した中で今回のおすすめを厳選したつもりですが、どれがあなたにとってのベストかは分かりません。今回紹介したものが冷蔵庫に入っていたら1つづつ試してみては如何でしょうか?きっとお気に入りの一杯が見つかるはず。

ado

スポンサーリンク