母親と父親の孫をあやす声が大きくて時には恥ずかしい

baby-390555_1280-1

アドセンス

スポンサーリンク

子供が1歳を過ぎた事を機に、嫁さんが働き初めました。

その為、娘は私達の働いている間、私の母親に預かってもらう事に。(つまり母親にとって娘は孫、少しややこしいのですが以後、母親と父親は娘から見てお婆ちゃんとお爺ちゃんの事です)

そして、嫁さんは土日休み+不定休で、私は平日休み。その為、私が休みの日に休みが合わず嫁さんと娘の3人で出掛ける機会が減りました。私が休みで嫁さんが仕事の日は私が子供の面倒をみます。

 

母親と出掛ける機会が増える

現在、私達(私と嫁さんと娘)は私の実家で同居をさせてもらっています。

その為、朝食の時などには必ず母と顔を合わせます。

【私が休みで嫁さんが仕事の日の朝】

母親「今日はどっかお出かけするのー??」

と、娘に話しかける。けど、答えるのは当然私。

私「出掛けるよー。西松屋とか。スノーブーツ欲しいし」

母親「今日はジムに行こうと思うから行けないなー」

私(誘ってない・・)

・・・5分後

母親「やっぱジムは今度にして◯◯ちゃん(娘)に付いていこうかな」

私「適当にウロウロするし暇かもよ?」

別に一緒に行くのが嫌というわけではないので断る理由もない。

母親「じゃあ、ジムは何時でも行けるし一緒にでかけよ」

母親は孫が可愛くて仕方がないらしい。

私「分かった。10時には出るから」

そんな感じで、かれこれ3週間連続で一緒に出掛けている。。。

 

お店での母

一緒に出掛ける事自体は別に問題ありません。子供と2人だと目も離せないし気が抜けないので任せられる人が居るのは有り難い事。自分の買い物だってできるし、常にどちらかは娘をあやしてられる。

しかし、車から降りると母は娘にベッタリ。

そして、あやす声がやや大きい母。

歩くのを見て「◯◯ちゃんすごいねー!お婆ちゃんより歩くの早いねー!」

階段を登るのを見て「〇〇ちゃんすごいねー!早い早い!」

服を試着させて「かわいいー!!これ似合うー!!」

ご飯を食べさせて「大っきい口開けて−!これ好きなんだねー!」

スーパーで「〇〇ちゃんこれ好きだから買ってあげるねー!!」

言葉だけ読むとごくごく普通の会話に見えるかもしれません。しかし、いかにも赤ちゃんをあやすトーンの喋りとやや大きい声。

その為、どのお店でも周りの注目を浴びる母と娘と私。娘も愛想がいいので周りに笑顔を振りまく。母は周りに「かわいい」と言われたいらしくそれを喜ぶ。

軽く注意しても止まらない。悪い事をしているわけではないので注意らしい注意ではないのですが。

 

孫が可愛くて仕方ないらしい

愚痴っぽい内容になってきましたが、娘を可愛がってくれるのには感謝してるし、普段預かってくれている事にも感謝。

でも、一緒に出掛けるのがちょっと恥ずかしく感じてしまう事も多々。

しかし、お婆ちゃんお爺ちゃんが孫に接する時はなんであそこまでトーンを変えてあやそうとするのか・・。これ、我が家が特別というわけでもないと思うんですよね。

西松屋やベビザらスなど、子供が生まれたのをきっかけに赤ちゃん用品を売っているお店に行く機会が増えましたが、(他人の)お爺ちゃんお婆ちゃんが私の母のように、いかにも赤ちゃんをあやすトーンで孫に接している光景をかなりの頻度で見かけます。

やっぱり特別可愛く感じてしまうのだろうか。

我が家の場合、弟の子供が数日早く生まれましたが、同居をしておらず、実質、私の娘が初孫のような扱い。

私達兄弟の末っ子が30歳になるので、30年ぶりに赤ちゃんをあやせるんですよね。そう考えると孫は可愛くて仕方がないというのも理解できます。

私から見ても娘は可愛くて仕方がない!でも、母親のようなトーンではあやしてない。ただ、30年後に初孫が生まれたらどうだろうか??もしかしたら、今の母親のようになっているのかもしれません。

ちなみに、我が家は父親(お爺ちゃん)も母親と似た感じ。

 

病院で見かけた人

少し話が変わりますが、まだ娘が生まれる前、産婦人科に通っている時(私は付き添い)にこんな母と娘を見かけました。

母・・40歳ぐらい

娘・・8ヶ月ぐらい(ずりばい出来るぐらい)

会話の内容を聞く限りは孫ではなく娘。

おそらく定期検診で来ていたのですが、待合室にあるキッズスペースで、

「〇〇ちゃん、すごいねー、よくできるねー!!」

「〇〇ちゃんはえらいねー!!」

「〇〇ちゃんはお利口だねー!!」

「〇〇ちゃん、よく出来ましたー!!」

etc・・・

その声がとにかく大きい。待合室はそこそこ混んでおり、全員が明らかに嫌悪感を示しているのにも関わらず子供をあやし続けていました。

普段一緒に産婦人科に行かない私は、この状況に引き気味。嫁さんに「いつもこんな感じ?」と尋ねると、「あり得ない。初めて見た」と嫁さんも引き気味状態になっていました。

私が、その母親から感じたのは、

「いい母親でしょ??」という周りへのアピール。声のボリュームとわざとらしい会話の内容から子供に向けた物ではなく周りに向けている物と感じました。ある意味、自分に酔っている感じ。

多分、この考えは少なからず当たっているでしょう。

「私できるでしょ?」とアピールしたがる人はクラスに1人は居たのでその延長のようなものだと思います。

日本人らしく誰も注意はしませんでしたが、多分、その場にいた皆さんは家に帰ったらこの事を旦那さんなりに愚痴っぽく話したと思います。2年経った今でも印象に残っているぐらいの光景でしたから。

 

うちの母も近い部分が?

うちの母を見ていて少し思うのが、「孫かわいいでしょ?」という周りへのアピール。

赤ちゃんを見れば周りは反応してくれるし、「かわいい」と言ってくれます。母はこの反応を欲しがっているようにも少し感じる・・。

病院で見かけた人はレベルが違うので迷惑という事もないと思いますが、嫁さんと私と娘の3人で一緒に出掛けていた時よりも明らかに周りが反応する機会が増えました。

先日行ったお店は2階に登る階段が下から見える作りとなっていました。そこを手と膝をつけながら登りたがる娘、そして登らせる母。そして「〇〇ちゃんすごいねー、すっかり階段登れるねー」とやや大きな声で発言する母。

気がつけば1階に居る店員さんが5人程集まり「かわいいですね」と話しかけ眺めているという謎の事態に。

そして、うぅ・・、ちょっと恥ずかしい・・、と少し遠くで眺める私。

迷惑まではいっていないと信じたいのですが、見る人が見れば迷惑だろうか?

娘を溺愛してくれている事事態は有り難いので直接的な言い方はしずらいのですが、少しトーンを抑えてくれとそれとなく伝える時が来るかもしれません。

ado

スポンサーリンク