ビギナー主演のミムラが消えた干された理由と現在

B3jXqTu0fx4FYvv1488249039_1488249054

アドセンス

スポンサーリンク

「やべー、ミムラって子が売れ始めてる。俺負けちゃうよ。改名しなきゃ」

「間違いないね。世間のミムラはあの子になる」

これは、女優ミムラさんが売れ始めた時のさまぁ~ずの会話。お笑い芸人として確立した立場を築いているさまぁ~ず三村さんの立場を揺るがすほど一時はテレビで多く見かけたミムラさん。

しかし、ここ5年ほどは全く見かける機会が少なくなってしまいましたよね…。

今回は、ミムラさんが消えた・干された理由と現在をまとめます。

ミムラさんのwiki

B3jXqTu0fx4FYvv1488249039_1488249054
ミムラ
・本名 小暮 里江
・出身 埼玉県
・生年月日 1984年6月15日
・血液型 B型
・身長 167cm

美術の推薦で高校へ進学。在学中にカットモデルのアルバイトをしていたのをキッカケに芸能界にスカウトされます。

芸能事務所はスターダストプロモーション。ももクロや北川景子さんが所属している大手事務所です。

当初は、テレビに出演しないという控えめの契約を交わしていましたが、演技のレッスンで演じることへの楽しさに目覚め女優の道に進みます。

そんなミムラさんの知名度を一気に全国区にしたのは、フジテレビの月9ドラマ『ビギナー』でヒロインを演じたためです。実に1万人以上の応募者の中から抜擢されました。

そして、持ち前の表現力が評判となり、『FIRE BOYS ~め組の大吾~』『離婚弁護士』と3クール連続でドラマ出演が決まります。さらに、『海猿』『着信アリ2』など映画への出演も果たしました。

しかし、順風満帆だったはずのミムラさんですが、2005年に出演した『いま、会いにゆきます』で女優として成長していない事を感じ「本来の自分に戻るため、リセットするため」という名目で芸能活動を一時休止。

ただし、芸能活動中も執筆活動は継続していました。

そして、2008年ドラマ『斎藤さん』で女優として復帰します。

ちなみに、プライべートでは、2005年より交際していた指揮者の金聖響さんと2006年に結婚。しかし、4年後には離婚。

そして、現在は、2013年に1年半の交際期間を経て一般男性と再婚をしています。

ミムラさんが干された理由

「自分より上手な女優さんがたくさんいるのに、わたしなんかがなぜ、こんな大きな席にいるんだろう……業界のイロハもわからず、当時はものすごく違和感があって、ずっと『誰かのカバン持ちがしたい』(演技の現場を別角度から見て勉強したい)と思っていた」

こちらはインタビューから抜粋していますが、急激にスターダムにのしあがった事による戸惑いや葛藤があったのを伺えます。

確かに、テレビ出演NGとしていた人なのでここまでの露出に戸惑う部分も大きかったのかもしれませんね。

あまりに急激に露出が増えると、世間の目も厳しくなりますし、そういった期待に答えられないといった感情もあったのでしょう。

「演技はもとより、ちょっとした写真撮影も、インタビューの受け答えも、全てがダメで。自分が本当にこの仕事をできる人なのか、一度問いただしたいと思い、(事務所の)社長に『辞めさせてください』と伝えたんです」

これは、活動休止前の話ですが、女優業を止めようと考えるほど追い込まれていたようです。「一度問いただしたい」という部分が少し分からないのですが…。

しかし、これに対して社長は、

「演技は好きなんでしょ? たぶん戻ってくると思うから休んでおいで」

と、席を空けながら、優しく背中を押してくれたそうです。

そして、リセットをするために芸能活動休止という流れになります。

休業中は、映画やドラマを見たり、本を読んだり、一人旅をしたり、その中で改めて気が付いた事が多かったようで、

「わたしの場合、いきなり“内側”からお芝居に惚れたけど、休業して“外側”から惚れることができた。お客さんの視点から観ると『お芝居ってこんなに面白いんだ』ということがあらためてわかった」

「あんなに幸せな場所を用意していただいていたのに、何を怖がっていたんだろう」

急激に売れてしまったミムラさんですが、2年間の活動休止を経て改めて演じる事の楽しさに気が付いたようです。

復帰後は、3クール連続といった露出の頻度ではありませんが、ドラマに舞台、さまざまな活躍をみせています。

ミムラは結局干されたの?

結論としては、干された・消えたというより、状況に戸惑ったミムラさんが充電期間を置いたと考えるのが妥当なようです。

確かに、復帰後も一時期ほどの露出はないかもしれませんが、これは一時期が異常だったとも考えられます。

今でも定期的にテレビで見かける機会がありますし、舞台では主演も演じています。

こういった事から干されている状況とは全く異なるでしょう。

ミムラさんの女優第二章が始まっているといった感じですね。

今後の活躍も楽しみです。

ado

スポンサーリンク