離職票が1ヶ月経っても届かない!そんな時は届かなくても手続き可能

wRRfnunGh6cT5IG1485847037_1485847095

アドセンス

スポンサーリンク

失業保険の受給をするには、ハローワークで求職の申込みを行う必要がありますが、その為には『離職票』が必要書類となります。

しかし、この離職票、1ヶ月以上届かないといった事も少なくありません。私も2回経験しているのでけしてレアなケースというわけではないでしょう。

離職票が届かないという事は、求職の申込みができないので失業保険の受給が遅れる事に直結してしまいます。

できる事なら1日でも早く離職票を受け取りたいところですね。

 

本来は、原則10日以内

ネットで調べてみると「離職票が2週間経っても届かない」「1ヶ月経つのにまだこない」といった意見を多く見かけます。

しかし、あまり知られていない事なのですが、原則として退職後10日以内に会社側が手続きを進めて離職票を発行しなくてはならないと決められています。

厳密に言うと、発行後、郵送などの段階を踏むので手元に届くのは10日より遅くなるケースもありますが、2週間経っても届かないのは遅すぎますし、1ヶ月経っても届かないのは本来ありえない事なのです。

有給消化中は発行されない

離職票が発行されるのは、離職後10日以内です。

有給消化に関しては、離職した状態とはならないので離職票は発行されません。

有給消化が終わったあと、離職票が発行される流れとなるので、有給消化後10日間待ってみましょう。

 

離職票が届かない時の対応

離職票が届かないと失業保険の受け取りが遅くなってしまうので一定期間が経過したらこちらからアクションを起こす必要があります。

目安にするのは、2週間。離職後10日以内に発行される書類なので14日経っても届かない場合は何かしらの遅延が起きていると考えて間違いないでしょう。

その時に、最も有効になるのは、辞めた会社に連絡をして確認をする事です。

離職票が届かない旨を伝えると、人事部に取り次いでくれますので発行状況や発送状況を確認しましょう。

既に発送済みで届いていない場合や、こちら側の手違いの可能性もありますが、まずは会社側がどこまでアクションを起こしてくれているかを確認する必要があります。

発行作業が進んでいない場合は、催促して急いで手続きを進めてもらいましょう。

また、多くの場合、人事部が対応しているので、人事部を置いている本社等に直接電話をした方が対応が早いかもしれません。

 

離職票の発行時期が分かったらハローワークへ

働いていた会社に電話をした地点で離職票が届く時期が把握できますね。

ここで重要なのは、離職票が届く時期が分かった地点でハローワークで求職の手続きができるという事です。

離職票は基本的に必須条件ですが、

  • 離職後、2週間以上経過している
  • 離職票が届くタイミングが把握できている

これらの条件が揃うと、求職者側には不備がないので求職の申込みを受け付けてもらえるのです。

離職票以外の必要書類は、

 ・運転免許証等の身分証明できるもの
・印鑑
・証明写真(3×2.5)2枚
・本人名義のキャッシュカードまたは通帳

キャッシュカードもしくは通帳に関しては、口座番号が正しいか確認されるので必要です。印鑑は修正の時などにも使いますので、ハローワークに行く際は今後も持っていくようにしましょう。

身分証明証は、住所や年齢が確認できる官公署の発行したもので、写真付きを用意しましょう。住民基本台帳カード(写真付き)なども有効です。

求職申込書が必要という情報を聞いた事があるかもしれませんが、こちらはハローワークで手渡され記入する書類となります。

求職の申込みが終わると翌日から7日間の待機期間となります。離職票が届かなくても次の段階に進めるのです。

 

まとめ

離職票の発行は離職後10日以内とはされていますが、届かないケースは珍しい事ではありません。

そのため、ハローワークで「離職票が届かない」という旨を伝えると、問題なく手続きを進めてくれます。

ただ、いつごろ届くかは聞かれるので事前に確認作業を進めておきましょう。

求職の申込みが完了したらこちら⇒失業保険を最短で受給!認定日や待機期間、給付制限。流れを解説

ado

スポンサーリンク