アイキューブ、アイスマイルにハイドロテクトのブラックは微妙?窓枠を色を部分的に分けるのは不可

アドセンス

スポンサーリンク

一条工務店で家を建てる場合、多くの方がハイドロテクトタイルを選択するかと思います。

ハイドロテクトといえば太陽の光で汚れを分解して、雨で洗い流すという、セルフクリーニング機能がついたタイル。

手入れが必要ないし、それが半永久に続くので多少お金を出してでも多くの方が選択するオプションかと思います。

まだ建ててないけど間違いなく便利な機能!

さて、そんなハイドロテクトですが、我が家では本当はブラックを選択したかったのですが諦めてしまいました。

というのも、当初の選択はアイスマイル、そして契約したのはワンランク上げてアイキューブなんですが、いづれも窓枠(サッシ枠?)が白色が標準となっているんですよね。

黒色のタイルに対して、白色の窓枠。気にしない人も多いかもしれませんが、色の違いが大きすぎて、一体感が無いように感じてしまいました。

ちなみに、アイスマートは標準で窓枠が三種類用意されてます。白、黒、アーバングレー。グレードが高い分、差別化されているのは仕方ないですね。

アイスマイルやアイキューブでも、プラス10万円を支払うとサッシ枠をブラックやアーバングレーにする事も可能なんですが、正直、予算が足りないからこれらを選択している部分もあるわけで‥(-_-;)

ここにきてプラス10万円は支払えない!という結論に至ったわけです。

そのため、我が家のハイドロテクトは白とブラウンの2色に。ブラウンも濃い目の色ですがブラックよりは、白色の窓枠とも相性が良さそうです。

ちなみに、窓枠は一色しか選べません!ブラックのハイドロテクトを選んでいる部分だけ窓枠を黒に、という選択はできませんので、バランスを考えた色が良さそうです。

個人的に選択できるのであれば、アーバングレーがいいのかなと。ハイドロテクトの白にも黒にも馴染みそうです。

そういえば、展示場もアーバングレーの窓枠でした。馴染みやすい色なのでしょう。

ado

スポンサーリンク