一条工務店、シーリングライト・ダウンライトを増やしたい!費用は?

アドセンス

スポンサーリンク

「ここにも明かり(電灯)があったら便利なのに‥」

プロの設計士さんが作った電気図面でも、多少は、ここがもう少しこうだったらいいのに‥と思う場面があるかとおもいます。

実際、我が家の場合も「ここまで変更したら失礼かな?」と思うぐらい変更を申し出ましたが嫌な顔をせずに対応してくれましたよ!

もちろん、なぜこの位置に明かりを設置したのかプロの意見を聞きつつですが、一生に一回の大きな買い物、後悔しないようにしたいものです!

さて、そんな電気図面の変更ですが、気になるのは費用の部分ですね。

当然のことですが明かりを増やすにはそれに対する費用が発生するわけです。

「ここにシーリングライトを、増やせばシーリングライト分、費用が増えるということか」

私は、当初そう考えてしましたが違いました!

考えてみたら当然なんですが、その位置に電気が来るように配線する必要がありますし、ライトを増やすことでスイッチも増やさなくてはなりません。

※なんとなくシーリングとしていますがダウンライトも同じです

そのため、シーリングライトを増やす場合に必要な費用は、

  • シーリングライト代
  • 電気配線代
  • スイッチ代

これらがかかるという事になります。

シーリングライトは種類にやって価格が変わりますが、一条工務店が勧めているのは11000円の物です。これに関しては、引っ掛けシーリングだけ設置してもらって自分で買ってきたものを設置するのもありかとおもいます。そのほうが安い!

次に電気配線ですが、一条工務店では「電灯」という言い方をされているようです。

一か所増えると2800円加算されます。

家のサイズ、LEDキャンペーンの有無によって標準数が異なり、我が家の場合は33坪で、LEDキャンペーン有り20ヶ所、無し14ヶ所でした。

標準数を超えると2800円かかる感じです。

ちなみに我が家はLEDキャンペーンを採用していません!そっちの方がお得だったからです!

最後にスイッチ代ですが、こちらは一か所につき2900円加算されます。

こちらも坪数とLEDキャンペーンの有無で標準数が変わるので確認してみましょう!

⇒我が家でスイッチを増やした場所、複数スイッチが便利かも!

また、特殊なスイッチにした場合もプラスアルファかかるので確認してみましょう。2900円は一番スタンダードなものとなります。

以上が明かりを増やした場合にかかる費用です。

ざっくりですが、

一番推奨される一条工務店のシーリングライトを増やした場合、

  • シーリングライト代11000円
  • 電気配線代2800円
  • スイッチ代2900円

合計で16700円となります。

ado

スポンサーリンク