一条工務店で契約!実はどこよりもトータルコストが安くなる?

アドセンス

スポンサーリンク

一条工務店といえば、やや坪単価が高く、高級なイメージをお持ちかもしれません。

まぁ、確かに安くはないでしょう。

そして、安くない分、作りはしっかりしています。床暖だったり、2×6の分厚い壁にぎっしりと入った断熱材など…

その分、お値段が高くなるのは当然のこと、

ローコストメーカーに比べると300〜400万円ほどは高くなってしまいます。

しかし、そんな一条工務店ですが、実はトータルで支払うコストはローコスト住宅より安く済む計算になろことが多のです!

まず、その理由の一つに挙げられるのが、ソーラーと蓄電池が安く設置可能ということ。

我が家の場合、13.75kwプラス蓄電池をセットで設置しましたが、両方合わせて250万円ほど。ですが!他のメーカーでこの規模を設置すると安くてもソーラーだけで300万超え、さらに蓄電池を設置すると400万を超えてきます!

他のハウスメーカーでも、元は取れる計算にはなりますが、正直旨味が少なく設置しないケースも多くなっています。

ちなみに13.75kwのソーラーのメリットは最初の10年で300万円(月26000円)!7〜8年で初期投資を回収で回収できる計算になります。

11年目からは売電価格が下りますが、それでも月15000円ほどのメリット。11年目〜20年目でも180万円ほどのメリットがあります。

これって、床暖やエアコンをフルに使ってもプラスになるぐらいのメリットなんです!

通常、床暖は燃費が悪いものなんですが、そのへんは分厚い断熱材などが有効に働くため、他社ハウスメーカーのエアコン暖房より安く済みます。(電気代は各メーカーで聞いて回りました!)

そんなこんなで20年もしないうちに、500万円ほどのメリットがおり、それだけでもローコストメーカーよりも支払額が少ない計算に!!

高気密、高断熱、安価なソーラーの恩恵は大きい…

更には、壁材がタイルのため、塗替えも必要ありません。この要因も大きい!

サイディングの場合は塗替えで100万以上が必要です。雨漏れの原因、断熱材の劣化にも繋がるのでこれは必須です。

一条工務店の話ではサイディングにすると10年に一回は塗り替えが必要とのこと。

正直、10年に一回は過剰ですが、私の実家も30年で2回塗り替えているので、200万円以上の、出費がありました…恐ろしい…

その点、一条工務店の場合、塗替えは一切不要。一応、30年目にコーキング剤をやり変える必要があり40万円ほどかかりますが、これはサイディングでも同じなので、

この費用まで考えるとパパマルなど極端にローコストを売りにしているメーカーよりもコスパがいいという計算に

※ちなみに、パパマルも検討しましたが冬の電気代が4万円を超えると言われたので止めました…やはり断熱性能などは低いのかな…?一条工務店の倍以上

そんなこんなで、一条工務店を、建てるにはお金がかかりますが、トータルの費用で考えるとけして高くないという事が言えると思います!ってか言えます!

その上、建築費がかかる分、しっかりとした家が建たるわけですから。いいコトづく目!

ado

スポンサーリンク