一条工務店のLEDキャンペーンは安くない?使わない方向に

アドセンス

スポンサーリンク

一条工務店にはLEDキャンペーンたるものがあります。

一条工務店で見積もりを出すと当たり前のようにLEDキャンペーンが適用されるのですが、これがお得なのがどうなのか、と、ふと疑問に‥

そして、さんざん電卓で計算してみた結果、我が家ではLEDキャンペーンを利用しないという事になりました。

最終的には費用は変わらずに色々とグレードアップしています!

その理由について書き綴ってみたいとおもいます。

まず、LEDキャンペーンでもっとも気になったのがダウンライトの電球交換ができないということ。

LEDの電球は長持ちするので、そうそう交換する機会もないのですが、それでも10年ぐらい経過すると徐々に交換の時期を迎えます。

そして、交換不可のダウンライトだと電気工事を入れないと交換ができません!

1つや2つならそれでも問題ないんですが、ダウンライトは光量が弱い分とにかく数が多いんですよね‥。例えば、我が家の場合、キッチンだけでもダウンライトご5箇所。シーリングライトなら一箇所で済む範囲をダウンライトだとそれだけ数を必要とします。

10年後に順々に電気が点かなくなり、その都度、業者を呼んで修理をするなんで想像するだけでげんなりしますね‥。

シーリングライトなら交換可能となるのでシーリングにするのも一つの手ですが、せっかくの新築。かっこよくダウンライトできめたいところです。

そこで何かいい手はないかと色々と検討したのですが、そこで浮かんだのが、一条工務店オリジナルのダウンライトではなく、パナソニックのダウンライトを設置するという方法です。

パナソニックのダウンライトは一条工務店でも取り扱っているので設置可能なんです。

しかし、パナソニックのライトはLEDキャンペーンが適用されないんですよね‥、この地点で我が家はLEDキャンペーンを利用しない方向を検討し始めました。

問題になるのはなんと言っても価格差。

Screenshot_20210912-123048~2

こちらが、パナソニックのダウンライト。

一条工務店を通すと、パナソニックのライトは半額ほどになるという事なので、やや暗い方で2900円、明るい方で3900円ということになります。意外とそこまでしない印象!

LEDキャンペーンはコミコミ価格となるので一つあたりの金額が曖昧で比較も難しいのですがダウンライトの数がそこまで多くないなら大きく金額がはね上がらい可能性も高いです。

ただし、注意したいのはLEDキャンペーンでは電灯の数が標準で20箇所だったのに対してキャンペーンを利用しないことで標準で14箇所まで減らされてしまいました。※坪数によって標準の数が異なります。

電灯の数は、ダウンライトが5箇所なら5箇所。シーリングも1箇所は1でカウント。ようはダウンライトのように細かくつけるほど数を使います!

そして、標準からはみ出す分は電灯1箇所につき2800円加算されます。

同じくスイッチの数も標準で少なくなるのでこちらも1箇所につき2900円加算されることに‥。

まぁ、それなりにLEDキャンペーンはお得にはなっているようですね。

しかし、それでも我が家の場合はLEDキャンペーンを使わない場合も同程度の費用に抑えることに成功しています。

ポイントとなるとは電灯とスイッチの数を減らすことですが、脱衣所をダウンライトでなくシーリングに変更したり、寝室のスイッチをまとめたりと、細々とした部分ですが、徐々にLEDキャンペーン適用時の価格に近づけることが可能です。

そして、シーリングライトもLEDキャンペーン時には11000円の一条工務店オリジナルのものを勧められましたが、同程度の性能のものが5000円程度でもネット等で売られているので自分で取り付けることにしました。

引っ掛けシーリングは一般的な仕様なので自分で取り付けるのも簡単です。

以上のような工夫で費用は変えずにダウンライトは電球交換可能に、それどころか屋外のライトもセンサー式にできたので、いろいろとグレードアップしている感じです。

一条工務店にお任せでやるより少し手間となりますが、皆様も検討してみてはいかがですか?

⇒ライトを一か所、増やした場合の合計費用

⇒スイッチを複数設置した場合の費用

ado

スポンサーリンク